読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bienvenue sur le blog de masahiro sogabe

京都大学大学院法学研究科・曽我部真裕(憲法・情報法)のページです。

法学セミナー11月号 3.11大震災の公法学 Part.1

05658.jpg

東日本大震災がもたらした事態を法的な観点から記録する2ヶ月連続特集。part1では、福島第一原発事故の問題を中心に、緊急事態や大災害が情報社会に何をもたらしたかも検証する。

目次

[特集]

3.11大震災の公法学 Part.1

――“震源地”としての原発、“生命線”としての情報

[イントロダクション]

震源地”としての原発、“生命線”としての情報…駒村圭吾

[誌上対談]

3.11大震災と憲法の役割…駒村圭吾・中島 徹

文脈と意味:情報の二つの側面…大屋雄裕

危機の政府/政府の危機…石川健治

裁判所は原子炉の安全性をどのように取り扱ってきたか…高木 光

緊急事態における避難…松平徳仁

震災からの自治体の機能回復と住民情報・個人情報…野村武司

風評被害…曽我部真裕

ACのCMと、「自粛」、作られる「安心」…阪口正二郎

原子力発電所」としての日本社会…蟻川恒正