読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bienvenue sur le blog de masahiro sogabe

京都大学大学院法学研究科・曽我部真裕(憲法・情報法)のページです。

フランスにおける青少年のインターネット 環境整備状況等調査報告書

 内閣府のサイトに「フランスにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査報告書」が掲載されています。

 以下、「調査の概要」より。

 インターネット上に有害情報が氾濫している現状への対応が喫緊の課題であること等にかんがみ、平成21年4月1日に施行された「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」(いわゆる「青少年インターネット環境整備法」)においては、法律の施行後3年以内に施行の状況について検討を加え、必要な措置を講ずるよう定められている。

 青少年インターネット環境整備法の見直しの検討や同法に基づく施策の効果的な推進に当たっては、青少年のインターネット利用環境(携帯電話利用環境を含む。以下同じ。)に関する施策を積極的に推進している外国の現状や取組等について情報を収集し参考とする必要がある。特にフランスは、プロバイダにフィルタリングに関する法的義務を課しており、また、電磁波が生体に及ぼす影響を憂慮して、幼稚園及び小中学校内での携帯電話の使用を禁じる条項を盛り込んだ法案が上院で可決される(この法案はその他の条項に関する審議が終了した後に、再度下院での見直しを経て成立の見込みとなる。)など、青少年のインターネット利用環境に関する動きも活発である。

 そこで、本調査は、フランスにおける青少年のインターネット利用環境に関する実態、世論の動向ならびに公的機関及び民間団体における取組の現状等に関する情報を収集・整理し、青少年インターネット環境整備法の見直しの検討など我が国の青少年インターネット環境施策を効果的に推進していく上での参考となることを目的とする。