読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bienvenue sur le blog de masahiro sogabe

京都大学大学院法学研究科・曽我部真裕(憲法・情報法)のページです。

山元一・只野雅人(編訳)『フランス憲政学の動向 法と政治の間』

山元一・只野雅人(編訳)『フランス憲政学の動向 法と政治の間』(慶応義塾大学出版会)

20630.jpg

【出版社サイト紹介文より】

憲法学の法律学化に異議を唱え、「法と政治というものは不可分」という基本認識のもと、その学問的視野に「政治」を収める意義や必要性を説く。フランス憲法学における第一線の研究を紹介!

目次

まえがき――憲法学の「法律学化」と「政治学的傾向」をこえて? (樋口陽一

日本語版へのはしがき (アルメル・ル・ディヴェレック)

  

解題Ⅰ 現代フランス憲法学にとっての「政治法」の意義 (山元 一)

解題Ⅱ 現代フランス統治構造論と「政治法」 (只野雅人)

第Ⅰ部 「政治法」とは何か

 第1章 『政治法』創刊のことば (山元 一訳)

 第2章 法学と政治学 (フィリップ・レイノー/新井 誠訳)

 第3章 立憲主義の現況

      ――法による民主主義という観念に関する若干の考察

      (ジャン=マリー・ダンカン/井上武史訳)

 第4章 「政治法」についての考察 (クリストフ・グズィ/山元 一訳)

 第5章 承認と否認――政治法の理論に関する一考察

      (カルロス=ミゲル・ピマンテル/曽我部真裕訳)

第Ⅱ部 フランス憲政学の基礎理論

 第1章 「憲法の罠」――憲法史と憲法学 (ドゥニ・バランジェ/奥村公輔訳)

 第2章 主権の後,主観的権利はどうなるか? (カトリーヌ・コリオ=テレーヌ/大藤紀子訳)

 第3章 フランスにおける憲法概念の歴史――政治的憲法から国家の法的地位としての憲

      法へ (オリヴィエ・ボー/南野 森訳)

 第4章 フランスにおけるいくつかの憲法問題に憲法習律(convention de la constitution)の

      観念を適用すること (ピエール・アヴリル/徳永貴志訳)

第Ⅲ部 統治と人権

 第1章 混乱した憲法秩序――名状しがたい,不安定なフランス憲法

      (アルメル・ル・ディヴェレック/只野雅人訳)

 第2章 フランスにおける憲法裁判のモデルと捉え方――批判的総括

      (オリヴィエ・ジュアンジャン/山元 一・池田晴奈訳)

 第3章 「公的自由」から「基本権」へ――名称の変化の効果と争点

      (ヴェロニク・シャンペイユ=デスプラ/佐々木くみ訳)

 第4章 公的自由の制限を可能にする新たな技術

      ――スペクタクルの社会における自由の保護について

      (パトリック・ヴァクスマン/中島 宏訳)