読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bienvenue sur le blog de masahiro sogabe

京都大学大学院法学研究科・曽我部真裕(憲法・情報法)のページです。

駒村圭吾・鈴木秀美(編)『表現の自由Ⅰ―状況へ』

駒村圭吾鈴木秀美(編)『表現の自由Ⅰ―状況へ』(尚学社、2011年)

          b086.gif

【目次】

多様性の再生産と準拠枠構築

   ――情報空間における「自由の論理」と「統治の論理」 駒村圭吾

自己統治

   ――言論の自由の「価値」と「法理」の架橋についての一試論 奈須祐治

表現空間の設計構想(アメリカ)

   ――思想の自由市場という思想の自由市場 金井光生

表現空間の設計構想(ドイツ)

   ――公論形成に貢献する自由と民主的公共性 宍戸常寿

表現空間の設計構想(フランス)

   ――思想・意見の多元性原理をめぐって 曽我部真裕

表現の事前抑制と検閲

   ――表現の自由の源流、そしてその擁護のために 川岸令和

パブリック・フォーラム 中林暁生

象徴的言論

   ――象徴への態度が示すもの 森脇敦史

取材・報道の自由

   ――報道関係者の証言拒否権を中心に 鈴木秀美

部分規制論 西土彰一郎

「コード」 小倉一志

「品格ある社会」と表現 平地秀哉

文化への助成と表現の自由 横大道聡

国家による芸術支援と憲法 杉原周治

政府の言論の法理 蟻川恒正

アメリカにおけるヘイトスピーチ規制 小谷順子

ドイツにおけるヘイト・スピーチ規制 上村 都

表現の自由マルチカルチュラリズム 志田陽子

表現の自由プラグマティズム 山本龍彦

表現の自由の「優越的地位」論と厳格審査の行方 阪口正二郎